歯並びのバランスを整えるなら歯科にお願いしちゃえ!

歯の模型を持つ人

根元に被せものをする治療

歯科

歯を長生きさせる

差し歯というのは、噛んだ時に歯同士が当たる部分が欠損しても根っこの部分が残っていれば被せものをすることで歯を長生きさせることが出来る治療法になります。被せものなので、歯の根っこがないと治療が出来ませんがほんの少しでも根があれば抜歯しなくても歯の機能が維持できるようになります。抜歯して新しい歯を人工的に埋め込むことも可能ですが、出来るだけもともとある歯を長く使えるほうが良いと考えられています。また、差し歯にすることで歯に厚みをもたらしてより他の歯同様に本物の歯のような見た目にすることが出来ると言われているので口内で目立ちにくくなります。その他にも、歯の向きを多少変えることが出来るので簡単な歯列矯正が出来るので人気があります。

歯垢を防ぐこと

差し歯は、歯科で治療を受けてから大体平均として10年くらいは歯の機能をそのまま維持することが出来ると言われていますが管理方法によってはそれより短くなることもあれば数十年と長持ちさせることも可能であるとされています。差し歯の寿命を長くするためにも、歯に負担をかけないようにすることが大事になります。癖やストレスなどで、歯をこすったり食いしばる動作をしてしまう人はその分差し歯が劣化しやすくなるので歯ぎしりを防ぐマウスピースを装着すると良いと言われています。また、日頃から歯垢が溜まらないように丁寧なブラッシングを心がけて最低でも半年に一度ほどは病院で歯垢を取り除いてもらうようにすると良いとされています。